Columnコラム

SOUL FOOD

SOUL FOOD

ソムリエ 朝倉達也です。

年明けて初めてのコラムです。本年も宜しくお願い致します。

今年の年始はご自宅でお過ごしの方が多いかと思います。

お正月こそお節が多いでしょうけどお節ににも飽きてきたらソウルフードが恋しくなりますよね。

私は出身こそ鹿児島ですが人生の大半は関西で過ごしたので、やはり馴染みのある家庭料理はお好み焼き、たこ焼き、焼きそばなどのソースを使ったものが多いです。

そして私の母の手料理で一番好きだったのも実はお好み焼きなのです。

お好み焼きは具材こそ様々ありますがやはり決め手はお好みソースです。

一見このような料理にはワインは合わないのではないか?と思われる方が多いのではないでしょうか。

しかしこのお好みソースというもの、注意深く味わってみると様々なフルーツやスパイスのニュアンスを多く捉えることができます。

この[Domaine de BEAURENARD Rasteau 2018]

グルナッシュ種を主体としたカリッとしたブラックチェリーの果実味にミントやタイム、ローズマリーのような清涼感のあるハーブの香りを纏いつつ、シラー種由来のスパイスや焦げたニュアンスを感じるとても表情豊かなワインです。

お好みソースの果実味や紅生姜や青海苔などの薬味ともバランスも魅力的です。

ワインだから洋食でなければいけない!などの固定観念を捨てて

どうぞ皆さまの家庭ならではの自由なワインな楽しみ方をお探しください。

戻る