TopicsNews

HOME News一覧 ワインニュース シチリア:本物のワイン産地

シチリア:本物のワイン産地

Published on March 1, 2021

ヨーロッパ、アフリカ、中東の交差点に位置するシチリアワインの伝統は、その自然の恵みと持続可能な生産、そして深い自己意識を兼ね備えています。丘の65%はブドウ栽培に当てられ、イタリア最大の丘の中腹のワイン産地となっています。シチリア島は、イタリアの山岳ブドウ栽培で、トレンティーノ・アルト・アディジェ州に次ぐ地域です。

シチリアのワインメーカーをますます活気づけるものは、島の自然、ワイン醸造の伝統を促進、発展、保存することです。有機農業はこの原則と密接に関連しています。

「持続可能性は、シチリアワインに本来備わっている強みの1つです。シチリアにはイタリア最大の有機ブドウ園があります。実際、シチリアはイタリアの有機表面積の34%を占めており、プーリア州が16〜17%を占めています。さらに、島のブドウ園面積の75%以上は、膨大な品種と持続可能な生産と自然に適した気候を特徴とし、総合害虫管理の慣行に従って栽培されています。」とConsorzio di Tutela Vini Doc Siciliaの社長であるAntonio Ralloは説明します。

シチリアのワイン生産者は、自然を尊重することによってのみ、ワインメーカーが高品質のワインを生産できることを、ますます認識しています。持続可能性は、シチリアワインの未来のカギです。シチリアDOCは、世界で7番目に有名な原産地呼称になりました。その努力のおかげで、領土の原産地呼称は、ますます彼らのラベルに“Sicilia”という名前を使用しています。

島が享受している地中海性気候は、持続可能性と有機生産への取り組みの資産です。近年注目されている、気候変動による平均気温上昇による影響は特にありません。

Consorzio di Tutela Vini Doc SiciliaとAssovini Siciliaは、SOStain Sicilia財団を設立しました。その目的は、ワイナリーがその農学的およびワイン醸造学的慣行が、地域に与える影響を測定し、それを縮小するよう導き、環境に優しいベストプラクティスと透明性のある消費者とのコミュニケーションを共有、促進することです。この財団の創設により、シチリア島は、生産者のニーズに応える統合、統一された持続可能性プロトコルを開発した、最初のイタリアの地域になります。究極の目標は、環境に優しく、社会的に公平で、経済的に効率的な開発であり、“SOStain”をイタリアおよび世界中のグリーン開発の代名詞にすることです。

SOStain Siciliaの社長であるAlberto Tascaはつぎのように述べています。

「未来はもはや島の持続可能な管理から切り離すことはできません。そのためには、最善の解決策を実行するための明確なルールと体系的な研究が必要です。SOStain Sicilia財団は、シチリアの広大な自然遺産を保護するために明確な目的のもと設立されました。私たちの影響を減らすために、厳格な科学的指標を使用して、ブドウ園、貯蔵室、組織全体での各行動がどのような影響を与えるかを正確に判断するプロトコルを、ワイナリー間で推進しています。これは確かに要求の厳しいアプローチであり、常に独立した機関によって認定されなければなりません。そして現在、領土の将来にとって非常に重要であり、未来の世代のためのインスピレーションになります。これが私たちの後にここに来る人々に手渡すために、この島の製品、シチリアが世界で最も評価の高い地中海の島々の1つである独特で入手不可能な組み合わせの要素を、完全に生存させて復元できる唯一の方法です。」

出展元

戻る