Wine取り扱いワイン・生産者紹介

シャトー・ロバン | Château Robin

世界最優秀ソムリエ、アンドレアス・ラーソンのお墨付き

シャトー・ロバンの歴史は古く、著名なボルドーワインガイド「フェレ」の1874年初版本には既にその名が言及され、フェレ・ガイド第三版に「クリュ・ロバン」としてシャトーの葡萄園についての記事が掲載されました。このガイドは1846年から英国人チャールズ・コックスが優れたボルドーワインについて調査したもので、シャトーの位置や特徴なども具体的に紹介されています。シャトー・ロバンは、サン・テミリオン村から車で東へ10分程行った場所にあります。

2003年にジャンとローランス・カイユ夫妻がこのシャトーを購入しました。当時シャトー・ロバンは高品質なワインを生産することで評判を呼び、業界専門誌から非常に高い評価を得ていました。現在、カイユ家の長男ジェロームがシャトーの運営を担っています。長年自動車業界で仕事をしてきたジェロームは、シャトーやワイン造りの仕事に魅了され、のち家族と共にこの地に移り住み、情熱を持ってワイン造りに挑むようになりました。セラーは最新の技術を搭載した設備を備え、良い技術や手法は旧世界・新世界の如何を問わず取り入れ、常に品質の向上に努めています。

戻る