ミレジム:Millesimes
Wine Channel


お取り引き様各位

このページへの掲載店様を募集しています。ご希望の場合はミレジムまでご一報ください。

 

 

   あんな店、こんな店:弊社おすすめのお店の紹介

 (東京都 台東区)

料理を生かすワイン、ワインを生かす料理。料理とワインを愛し、そのマリアージュを大切にしている大宮シェフ。下町育ちの粋なシェフの言葉には、常に料理とワインへの熱き思いがあふれている。

ソースは、赤ワインベースでいろいろプラスしてゆくがベースのワインが残る。メルロは赤でもきのことあう。じゃまをしない。飲んで美味しいワインでも火を通すと味が変わる。味がぼやけてしまったり、水っぽくなってしまうと、料理が泣いてしまう。また、葡萄品種によってソースの味のキレが違う。キレのいいソースは、素材を生かし、食べて飽きない。ソースに使ったワインと共に料理を食する。まさに、究極とも言えるマリアージュ。

「いつもワインを飲んで料理を考えている。難しいけど楽しいね。そんなことばかり考えてるんだよ。」と、熱く語るシェフの目は、優しく輝いている。安いワインのポテンシャルを探るのは、造り手しかわからない。自分の舌しか信用出来ない。ワインを選ぶ時も必ずテイスティングしてから買う。値段の高いものは、自分で買ってでも飲んで決める。シェフのプロフェッショナルな厳しい表情が伺われる。

そんなシェフはどうして料理人の道を選ばれたのか興味を覚えた。外国で生活することに憧れて世界地図を見て夢をふくらませていた。「洋食が好きだった爺さんが、洋食屋に連れてってくれて、ナイフとフォークを使うところに異次元の世界に触れるような気がして嬉しかった。」と、シェフの視線は、遠くへ。レストラン大宮で働く若いコックさん達は、そんなシェフの感性に包まれて心地良さそう。昔シェフが夢に描いた世界が今度は、彼らの夢の中にも繰り広げられているのにちがいない。

「おいしいものを食べるとピーンとくる。分析はできないけど、インスピレーション。技術的なことは教えられるけど、そういうことは教えられないね。」

究極のマリアージュを堪能できる店、安心してシェフにお任せできる店が浅草、雷門の直ぐ近くに。



アクセス
住  所:台東区浅草2-1-3  
電  話:03-3844-0038
火〜土:ランチ 11:30〜14:00
    ディナー 17:30〜20:30
日・祭日:ランチ 11:45〜14:45
     ディナー 17:30〜20:00
定休日:月曜日、及び第3火曜日

※2004年4月更新
-あんな店、こんな店インデックスへ


(c) 2004 Millesimes, Inc. All right Reserved.
 
サイトマップ
ページTOP